通販で買えるジンジャーシロップおすすめ8選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

生姜が好きという方、多いですよね?
生姜好きの間でじわじわと人気を集めている商品が「ジンジャーシロップ」です。
辛口のものから、はちみつなどを加えて飲みやすくしたものまで、様々なタイプのジンジャーシロップが販売されていることから、注目の高さをうかがえます。

今回はそんな話題のジンジャーシロップのおすすめをまとめてみました!

ジンジャーシロップの飲み方

しょうが湯
ジンジャーシロップの飲み方の定番は、水やお湯で割る方法です。
販売されているジンジャーシロップはだいたい希釈タイプのものなので、何倍希釈なのかを確認します。
炭酸水でわれば、ジンジャエールを楽しむことができます。市販のジンジャエールに慣れている方は甘みが足りずに違和感を感じることもあるので、その際にははちみつなどを加えて甘さをプラスするのも良いです。
紅茶に加えれば、しょうが紅茶のようになります。
甘酒やホットミルクにまぜるのも、生姜の辛さがアクセントになって美味しいです。
また、ビールやワインなどに混ぜてオリジナルカクテルを作るのもおすすめです。

ジンジャーシロップおすすめ8選

銀座のジンジャー ジンジャーシロップ柚子


東京・銀座にある生姜専門店のジンジャーシロップです。
様々な種類のジンジャーシロップが販売されていますが、一番人気がこの「ジンジャーシロップ柚子」です。
生姜の辛味と柚子の爽やかなほろ苦さがマッチして絶品です。
4倍希釈なので、水、お湯、炭酸水などで割って飲むのがおすすめです。

BROWN SUGAR 1ST. オーガニックコーディアルシロップジンジャー


「わが子に食べさせたいかどうか?」を基準に食材を厳選しているブランドであるブラウンシュガーファーストの有機アガペシロップのジンジャー味のものです。
アガペシロップは低GIなのに甘みは砂糖の約1.3倍もあることで注目されている植物から採取される天然甘味料です。
高知県四万十町の有機生姜のおろし汁をアガペシロップと絶妙な配合であぜ合わせることで、コクのある優しい甘さの中にピリリとした辛味の感じられる香り豊かなシロップに仕上がっています。
有機JAS認証を取得しているオーガニック商品です。

ユウキ食品 有機コーディアルジンジャー


ユウキ食品の有機コーディアルジンジャーは、甘味料、香料、着色料、保存料を一切使用せず、甘味料には有機きび砂糖を使用して作られています。
有機JAS認証を取得しているオーガニック商品で、8〜10倍に希釈して飲みます。水やお湯で薄めるのはもちろん、紅茶にいれてジンジャーティーにしたり、炭酸水で割ってジンジャエールにするのもおすすめです。
ちなみに、コーディアルとは、イギリスの伝統的なハーブ飲料(シロップ)のことです。

ユウキ食品
¥1,542 (2019/10/14 22:32:23時点 Amazon調べ-詳細)

ユウキ食品 ハニーレモン&ジンジャー


ひとつ前で紹介した有機コーディアルジンジャーと同じユウキ食品のコーディアルです。
こちらはオーガニックの商品ではありませんが、レモン果汁に砂糖とはちみつで甘みをつけ、キリッとしたジンジャーエキスを加えて作ったコーディアルはやはり絶品です。
甘みがあるので、先に紹介した有機コーディアルジンジャーよりも飲みやすいかもしれません。
ビールにいれてビアカクテルにしたり、ホットワインにいれてハニージンジャーワインにしたり、オリジナルカクテルを作って楽しむのもおすすめです。

アスリート家族 ジンジャーシロップ


発売から5年8ヶ月で720万本も売れたというジンジャーシロップです。
長崎県島原半島で、地下200mの湧き水や椿の絞りカスの有機肥料を使って育てられたこだわりの生姜を使用し、水を一切使わずに生姜汁を絞り出して作られています。
そこに鹿児島県産の黒糖、鹿児島県産のさとうきびシロップ、大分県産のカボスを加えて作られており、素材へのこだわりを感じますが、その分高価です。
他の市販の生姜シロップに比べて辛めの味なので、生姜中毒の方におすすめです。

ヴェーダヴィ ジンジャーシロップ


マヌカハニー、ジンジャー製品、ハーブティーの専門店のヴェーダヴィのジンジャーシロップです。
生姜の成分であるジンゲロールが通常の国産のしょうがの約2倍含まれているインドネシア産のしょうがを使用し、国内で製造しています。しょうががとても濃厚で、1本あたりしょうが汁約200g、大さじ1杯でしょうが汁約10g摂取することができます。
着色料、香料、化学調味料無添加です。

カフェデュボワ 無添加ジンジャーシロップ


青森・弘前にあるプレミアムハンバーガー専門店カフェデュボワが、半年以上かけて開発したジンジャーシロップです。
生姜、三温糖、有機レモン果汁、はちみつ、クローブス、シナモン、唐辛子をそのまま煮込んで作られています。
水、お湯、炭酸などで4倍に割って飲むのはもちろん、カレーに少し加えるのもスパイシー感がアップするのでおすすめです。

生姜工房 生姜香る大人のジンジャーエールSlim


生姜・にんにくの加工専門店である生姜工房のつくったジンジャエールの素です。
国産生姜のしぼり汁を使用し、グローブ、シナモンなどをオリジナルの配合で掛け合わせることで、爽やかで癖になる味わいに仕上げています。
「大人のジンジャエールSlim」は「大人のジンジャエール」よりも糖質を50%オフし、生姜汁の量も増量してよりすっきりとした甘さ控えめの味です。

まとめ

いかがでした?
生姜というと冬のイメージがあるかもしれませんが、ジンジャーシロップは夏には炭酸で割って飲んだり、冬にはお湯で割って飲んだり、季節問わず楽しむことができるので、おすすめです。
ぜひお好みのジンジャーシロップを見つけてみてくださいね!

Share.

About Author

Comments are closed.