花粉症の人は絶対持っておきたい最強対策グッズおすすめ14選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

だんだんと気温が暖かくなってきて、目や鼻がムズムズすると花粉シーズンの到来を感じますよね。
毎年花粉症に苦しんでいる方は、お医者さんへ行ったり対策をとっているかと思いますが、やはり欠かせないのは花粉対策グッズです。
今回は、絶対に持っておきたい最新の花粉症対策グッズをまとめてみました!
ぜひ参考にしてみてください。

花粉症対策グッズおすすめ14選

マスク


マスクは花粉が体内に入ることを防いでくれます。
花粉の季節だとマスクを長時間使用するため、耳が痛くならないタイプのマスクを選ぶのがおすすめです。また、メガネも併用される方が多いかと思うので、メガネが曇りにくいものを選ぶのが良いでしょう。
「PITTA MASK(ピッタマスク)」は耳が痛くならずメガネも曇りにくく、新ポリウレタン素材で顔にしっかりフィットして花粉の侵入を防いでくれるのでおすすめです。値段は少し高いのですが、洗って繰り返し使用することができます。
サイズや色など種類も多いので、自分にあったものを選びましょう。

ピッタマスク(PITTA MASK)
¥349 (2019/03/20 20:59:17時点 Amazon調べ-詳細)

花粉症用メガネ


花粉症用メガネは、通常のメガネとは異なりフードがついていることで、花粉の目からの侵入を防いでくれます。
通常のメガネでも約40%の花粉の侵入を防ぐことができますが、花粉症用のメガネだと約65〜98%もの花粉の侵入を防いでくれます。
フードが深めで、しっかりフィットし、曇り止め加工のされたものを選ぶのがおすすめです。お気に入りのフレームがある場合は、曇り止めスプレーやクリームを塗ることで曇り対策になります。

ソフト99コーポレーション
¥478 (2019/03/20 20:59:19時点 Amazon調べ-詳細)

花粉ブロックスプレー


花粉ブロックスプレーは、顔や髪などにスプレーすることで、花粉が目や鼻から侵入するのを防いでくれるものです。
仕事の関係でマスクができない方や、眠くならないので車を運転する方が使用することもできます。
だいたい1日3〜5回噴射するものが多いので、仕事の関係で頻繁に噴射するのが難しい方は、噴射回数の少ないものを選ぶようにしましょう。
アース製薬の「アレルブロック」は1日1回スプレーするだけなのでおすすめです。

花粉ブロックスプレーのおすすめについては別記事でもご紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

静電気防止スプレー


静電気防止スプレーはその名の通り、衣類などの静電気を防止してくれるスプレーです。
静電気を防止することで、静電気で衣類や髪に花粉がくっつくのを防止してくれるので、静電気防止スプレーは花粉症の方にぜひ使用してほしいグッズの一つです。
実際に静電気防止スプレーをスプレーしたものとしていないものの花粉の吸着量を調べた実験の画像がこちらです。
ライオン エレガート製品詳細
(画像引用:ライオン エレガート製品詳細
静電気防止スプレーをしていない方には花粉がびっしりついていて、画像をみるだけでもぞっとしてしまいます。

また、消臭スプレーの中にも静電気や花粉、PM2.5の吸着を防いでくれるものもあります。

静電気防止スプレーのおすすめについては別記事でもご紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

花粉ブロッククリーム(ジェル)


花粉ブロッククリームは、鼻の周りや鼻に塗ることで、鼻に保護膜をつくることで、花粉の侵入を防いでくれるものです。
花粉ブロックスプレー同様に仕事の関係でマスクができないという方におすすめです。
また、眠くならないので、車の運転にも問題ありません。
花粉の量が過剰な時や鼻水の量が多いときに効果を感じにくくなるというデメリットはありますが、マスクやメガネと併用すると良いでしょう。
スプレーで顔がびしょびしょになることに抵抗感のある方や、子供に使いたいけどスプレーだと目や口に入ってしまいそうと不安な方は、特にクリームの方をおすすめします。

また花粉ブロッククリームのおすすめについては別記事でもご紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

ノーズマスク


ノーズマスクは鼻に装着するタイプのマスクです。
鼻の中に装着し、外からみても目立たないので、マスクのできないお仕事の方などにおすすめです。
また重度の花粉症の方はノーズマスクをしてからマスクをするという方も多いようです。
使い捨てタイプのものと洗って繰り返し使えるタイプのものがあります。
サイズがあるので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

鼻スプレー


鼻洗浄スプレーは、ミストで鼻の奥まで洗浄してムズムズ感をすっきりさせてくれるものです。
鼻洗浄スプレーはツンとするイメージがあるかもしれませんが「鼻シャワー」は洗浄ミストの成分濃度が人の体液に近いので、鼻粘膜の細胞を刺激せずに、やわらかミストで洗浄してくれるので痛くありません。そのため、子供でも使用することが可能です。

鼻うがい


鼻うがいは、鼻腔内の花粉やハウスダストなどを洗い流すものです。
初心者の方は鼻から入れて鼻から洗浄液をだすタイプの鼻うがいがおすすめです。洗浄液を口から出す抵抗感がないので、意外にも簡単に行うことができます。

しっかり洗いたいという方は鼻から入れて口から出すタイプの鼻うがいがおすすめです。

洗眼液


洗眼液は花粉を目から洗い流すものです。
花粉などが目に入ったまま放置しておくと、炎症が進行する原因となります。
「アルガード目すっきり洗眼薬α」は花粉症のために開発された洗眼液で、「花粉を洗い流す力」「すっきりとする爽快感」「目をいたわる優しい処方」の3つにこだわっています。
付属の洗眼カップは、上向き、下向きどちらでも使用でき、つまんで起こる対流効果で眼をすっきりと洗浄してくれます。

鼻孔拡張テープ


鼻がつまって眠れない夜に活躍してくれるのが鼻孔拡張テープです。
鼻孔拡張テープは、鼻に貼ることでプラスチックのバーの反発力で鼻孔を拡げて、鼻の通りをスムーズにしてくれるものです。
「ブリーズライト」にはテープが透明の目立たないタイプのものや、メントールの香りのもの、子供用などもあるので、自分に合ったものを選びましょう。

ノーズミント


ノーズミントは花粉対策グッズではありませんが、キャップを外して香りを嗅ぐだけで、ミントの香りですっきりとするので、花粉の季節におすすめのグッズです。
花粉症の薬で眠くなってしまうときに香りを嗅ぐと目が覚めるという意味でもおすすめ。
また、本体を軽くふってマスクに数滴垂らすだけで、ミントマスクになるので、そのような使い方もおすすめです。

NOSEMINT(ノーズミント)
¥410 (2019/03/20 20:59:31時点 Amazon調べ-詳細)

衣類用ブラシ


衣類用ブラシは、玄関に置いておけば室内に花粉を持ち込まないことに貢献してくれます。
室内に入る前には衣類用ブラシをかけることを習慣づければ、室内に持ち込む花粉の量をかなり減らすことができます。
静電気を抑えられる天然毛を使ったブラシは、静電気で絡みつく花粉などを落とすことができるのでおすすめです。

網戸フィルター


花粉の季節でも掃除するときなどどうしても窓をあけたいときに活躍してくれるのが、網戸フィルターです。
網戸の外側に貼るだけで、約80%の花粉の侵入をシャットアウトしてくれます。
設置方法も両面テープで簡単に取り付けられます。
花粉をブロックしてくれるにもかかわらず通気性もあり、また部屋が暗くなることもないので、おすすめです。

布団クリーナー


外から帰宅時などに身体についたりして家の中に持ち込んだ花粉が布団に付着して、夜に寝づらくなってしまうこともあります。
そういう時に布団クリーナーが活躍してくれます。
布団クリーナーの中でも評判がいいのがアイリスオーヤマのIC-FAC2です。
1分間に約6000回たたく超ワイドパッドを搭載しており、繊維の間に潜り込んだハウスダストを浮き上がらせて吸引します。
光の色でわかるダニちりセンサーを搭載しているにもかかわらず、1万円以内で購入することができます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥7,134 (2019/03/20 20:59:33時点 Amazon調べ-詳細)

空気清浄機


空気清浄機はお部屋に舞う花粉を取り除いてくれます。花粉の季節以外にもハウスダストなどを取り除いてくれたり、加湿機能の付いているものだとお部屋を加湿してくれるので、とても便利です。
花粉の季節は、花粉が部屋へ侵入するのを防ぐために玄関に置くのおすすめです。
空気清浄機を購入される際にはお部屋の畳数にあったものを購入しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
様々な花粉対策グッズが販売されていますので、それらをつかって辛い時期を乗り切りましょう!

Share.

About Author

Comments are closed.