ネイルのキューティクルオイルのおすすめ8選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ネイルのケアはしていますか?
お肌のケア同様に、健やかな爪を保つためには保湿ケアが必要です。
爪を健康な状態に保つことで、ネイルのもちが良くなるなどのメリットがあります。
今回はネイルケア商品のひとつであるキューティクルオイルについて、使い方や塗り方、塗る頻度、効果、選び方などとともに、おすすめ商品をご紹介したいと思います!

ネイルのキューティクルオイルとは

キューティクルオイルとは、甘皮や爪周りの保湿のためのオイルです。
キューティクルとは、甘皮のことを指します。
爪の生え際の甘皮部分に継続的にネイルオイルを塗り、成分を浸透させていくことで、ささくれやこれから生えてくる爪の状態を良くします。

ハンドクリームとの違いは

ハンドクリームでも指先の保湿を行うことはできますが、キューティクルオイルとは役割が異なります。
オイルは肌に馴染んで奥にまで浸透するのに対して、クリームは肌表面にとどまり皮膚を保護してくれるという特徴があります。
そのため、キューティクルオイルを塗って甘皮をケアしたあとに、ハンドクリームを塗れば、より効果が期待できます。

キューティクルオイルの効果

キューティクルオイルを使用することで、以下のような効果が期待できます。

・爪の生え際のささくれの予防
・指先の乾燥を防ぐ
・爪の乾燥を防いで、割れにくくする
・爪の縦線の予防
・二枚爪の予防
etc…

キューティクルオイルの使い方

ネイル

いつ塗る?

キューティクルオイルを塗るのに、決まったタイミングなどはなく、また1日に何回塗っても問題ありません。
手を洗った後など清潔な状態で、乾燥が気になった時などに塗ると良いでしょう。
継続して使用することが大切なので、朝のスキンケア後やお風呂上がりなど、タイミングを決めて塗るのもおすすめです。

ネイルした状態でも使用OK

キューティクルオイルは、ネイルをした状態の爪にも使用可能です。
ネイルをしていない状態の爪と同様に、爪の生え際にオイルを少量のせて、マッサージするように馴染ませてあげることで、しっかりとケアすることができます。

ネイルをする直前はNG

ネイルをする前にキューティクルオイルを使用すると、油分などの影響でネイルの持ちが悪くなることがあります。
ネイルをするときには、ネイルをしたあとにキューティクルオイルを使用してください

塗り方は?

オイルを適量取り出し、爪の生え際にオイルを少量のせていくイメージで塗ります。
その後、指先にむかって馴染ませるように指でマッサージしながら揉み込み、爪の左右にも揉み込み、爪全体にオイルが馴染んでつやつやになったら完了です。

キューティクルオイル→ハンドクリームの順

ハンドクリームを使う場合は、キューティクルオイル→ハンドクリームの順で使用します。
順番を逆にしてしまうと、ハンドクリームの油分でキューティクルオイルがはじかれ、キューティクルオイルがキューティクルにうまく浸透してくれない場合があります。

キューティクルオイルの選び方

ネイル

マニキュア or スティック or ロールオン or スポイト

キューティクルオイルには、マニキュアタイプ、スティックタイプ、ロールオンタイプ、スポイトタイプなど形状が様々です。
マニキュアタイプは、瓶の容器でフタにハケがついており、マニキュアのように使用します。
オイルの量を自分で調整しやすく、マニキュアになれている方には使いやすいタイプです。
スティックタイプは先端がハケになっており、ペンのような使用感で使いやすいです。
オイルの量は他のタイプにくらべて調整しにくいですが、手がベタベタになることなく、乾燥部分にピンポイントで塗りやすかったり、持ち運びに便利というメリットがあります。
ロールオンタイプは、ロールヘッドのボールを滑らせることでオイルを塗ることができます。
一度にオイルが出過ぎないというメリットがあります。
スポイトタイプは、持ち運びには不向きですが、直接肌に触れないため衛生的に使用することができます。
タイプはそれぞれメリット・デメリットがあるので、お好みのものを選ばれると良いでしょう。

保湿成分

保湿効果の高いホホバオイルたオリーブオイルなどを使用したオイルがおすすめです。
また、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているものも良いでしょう。

質感

質感はべたつかないさらりとしたほうが、速乾性が高くなじみやすいのでおすすめです。

香り

キューティクルオイルには、フルーツ系やフローラル系など、様々な香りのものがあります。
お好みの香りのものを選ばれると良いでしょう。
ただし、キューティクルオイルのあとにハンドクリームを塗る場合は、においが混ざってしまうので、主張の少ないほのかな香りのものがおすすめです。

ネイルのキューティクルオイルのおすすめ8選

DHCキューティクルトリートメントオイル


カクテルのような彩りが可愛いキューティクルオイルが、DHCキューティクルトリートメントオイルです。
水溶性と油溶性の2層に分かれた美容成分をシェイクして使用します。
上層は、オリーブバージンオイル、マカダミアナッツ油、ホホバ油、アミノ酸系エモリエント成分などの油溶性美容成分、下層は、ヒアルロン酸ナトリウム、尿素などの水溶性美容成分を配合しています。
速乾性にすぐれたオイルなので、べたつかずすばやくなじみ、さらりとした使い心地で使いやすいと評判です。
ウッディーフローラルの香りのシャイニーピンクと、グリーンフローラルの香りのブルームーンライトの2種類あります。

ウカネイルオイル24:45


ウカネイルオイル24:45は、リラックスできるラベンダー、幸せな気持ちになるバニラ、柔らかなオレンジの香りがストレスを吹き消してくれる、ネイルオイルです。
ロールオンタイプなので、爪の根元にコロコロと塗り、両手の爪同士をすり合わせて、オイルを爪全体に行き渡らせるように使用します。
原料は、アーモンド油・ラベンダー油・ホホバ種子油などで、すべて天然由来のものを使用し、合成保存料・合成香料などは一切不使用です。
ネイルだけでなく、肩や首にも塗ることができ、フレグランスとしても使用できます。

ウカ(uka)
¥3,564 (2019/06/18 15:51:56時点 Amazon調べ-詳細)

JILLSTUART フラワーネイルオイル


JILLSTUARTのフラワーネイルオイルは、フラワーエッセンスが溶け込んだネイルケアオイルです。
べたつかずにさらりと馴染む使用感で、爪や甘皮にしっとりと潤いを与えてくれます。
ラベンダー油、ツバキ種子油などの美容保湿成分を配合しており、上品な甘い香りはさすがJILLSTUARTといった感じです。
クリアピンクとクリスタルクリアの2層のオイルが、JILLSTUARTらしい可憐なボトルに入っており、見た目も可愛いのでプレゼントにもおすすめです。

ベリンダ キューティクルオイル


ベリンダのキューティクルオイルは、お花がボトルに入っているのが特徴の見た目も可愛いキューティクルオイルです。
香りの種類も多く、どれもほのかに香るので、ハンドクリームや香水と香りが混ざってしまうのを防げます。
さらっとしてのびの良い使用感も良く、価格も手頃なので、キューティクルオイルを試してみたいという方にもおすすめです。

ジャポネイラ 生の椿油 ネイルケア


ジャポネイラ 生の椿油 ネイルケアは、スティックタイプのキューティクルオイルです。
原料は、日本産の生のツバキ油とブルガリア産のローズから抽出したローズ精油のみで、化学薬品などの添加物は一切不使用です。
容器上部のノック部分を数回カチカチと押して、筆先にオイルが浸透したら、爪や甘皮に塗布して馴染ませます。
優しい香りがほのかにひろがり、しっとり感が長続きするのでおすすめです。

Japoneira (ジャポネイラ)
¥1,540 (2019/06/18 15:51:58時点 Amazon調べ-詳細)

& nail オーガニックブレンドオイル


& nail オーガニックブレンドオイルは、厳選したオーガニック&植物成分で作ったネイルケアオイルです。
パルマローザ油、ローズウッド木油、ホホバ種子油、オリーブ果実油などの100%オーガニックオイルをブレンドしています。
ラベンダーやローズマリー、レモンやオレンジといったナチュラルな香りで、爪も心も穏やかになります。
マニキュアタイプでさらっとしているため、塗りやすくおすすめです。

Dr.Nail DEEP SERUM


Dr.Nail DEEP SERUMは、爪自体に直接浸透して爪を補修するオイルです。
爪を健やかにするために必要に有機ケイ素を豊富に含むハーブエキスであるスギナエキス、爪のケラチンの生成に必要な有機硫黄を補い爪を健やかにするジメチルスルホン、通常は爪に浸透しにくい成分を爪の内部にまで浸透させ、爪の表面にベールとして残ることで爪の水分を保つヒドロキシプロピルキトサンという、3つの成分を配合しています。
水溶性なのでさらっとしており、嫌なにおいもしないため、使用しやすいと評判です。

ディープセラムに、さらに抗菌保存成分を配合し、足の爪に塗りやすいようにハケが改良されている、足爪専用のオイルもあるので、フットネイルをしている方はそちらも注目です。

OPI プロスパ ネイル&キューティクルオイル

OPIは、プロのネイリスト達も御用達の人気ブランドです。
保湿力に富んだグレープシード、ククイナッツ、サンフラワーオイルを配合しており、指先を乾燥から守ります。
また、オーピーアイ独自の複合保湿成分アボカドリピッドコンプレックスに加えて、伸びの良いクプアスバターで保湿成分を補っており、塗ったあとはかなりしっとりするので、就寝前など特に乾燥しがちな時間に使用するのがおすすめです。

キューティクルオイルの使用期限

キューティクルオイルはオイルなので、開封後は徐々に酸化していきます。
そのため、だいたい開封後は半年くらいで買い替えるのがおすすすめです。
化粧品の品質はだいたい3年ほど保証されているものなので、未開封の場合も、2年以内には使用することをおすすめします。
また劣化したオイルを使用することは、劣化した成分や不純物・雑菌などをキューティクルに浸透させることになるので、控えてください。

まとめ

いかがでしたか?
綺麗な指先だと気持ちも晴れやかになります。
ぜひ、キューティクルオイルでケアしてみてくださいね!

Share.

About Author

Comments are closed.