ワインビネガーのおすすめ10選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ワインビネガーとは

ワインビネガーとは、ワインを原料として作った食酢のことです。
フルーティで口当たりがさっぱりとしており、料理の隠し味やドレッシング、ピクルス、マリネ、ビネガードリンクなど、ワインビネガーを料理に加えると美味しさがワンランクアップします。

ワインビネガーは海外ブランドから国内ブランドまで多数販売されており、どれを選んだら良いかと迷ってしまう方も多いでしょう。
今回はオーガニックのワインビネガーを含めて、特にオススメをご紹介します!

Amazonで買えるワインビネガーのおすすめ10選

赤ワインビネガー

赤ワインビネガーは、皮を含め果実をまるまる用いて醸造されているため、深いコクと酸味、そして芳しい香りが広がります。そのため、煮込み料理の隠し味やソースなどに合います。
また、ポリフェノールの含有量が多いのが特徴です。

Mengazzoli


Mengazzoli(メンガツォーリ)の赤ワインビネガーは、イタリアのオーガニック栽培で育てたぶどうを使用し、木樽の中でじっくりと熟成させて作られています。
有機JAS認証を取得しており、オーガニック品質の赤ワインビネガーです。
どんな料理にも合いますが、煮込み料理に使用するとマイルドで深いコクがでるのでオススメです。

Delouis


フランス中部で1885年から続いているDelouis(ドゥルイ)は、ビネガーに関してトップクラスの品質のブランドです。その実力は1885年、1922年、1924年とフランス国内でビネガーの賞を受賞したこともあるくらいです。有機JAS、BRC(British Retail Consortium)、ISO 14001、ISO 9001の認証も取得しています。
そんなドゥルイの赤ワインビネガーは、厳選された有機栽培のぶどうから伝統的な製法で作られています。
濃密な味で酸味はまろやかです。そのためそのままドレッシングとしても合わせやすく、おすすめです。

MAILLE


MAILLE(マイユ)はフランスのブルゴーニュ地方にあり、1720年から続くマスタードやビネガーのブランドです。300年という歴史のあるマイユは世界中の人から愛されており、料理人の間でも評価が高いです。
マイユの赤ワインビネガーは、質が高いフランス産の赤ワインのみで作られており、深い味わいとコクが特徴です。
シンプルなのでどんな料理にも合いますが、煮詰めるとさらにうま味が増すので、特に肉料理、魚料理のソースにオススメです。

白ワインビネガー

白ワインと同じように果実のみを醸造させた白ワインビネガーは、酸味が感じられるものが多く、スッキリとした爽やかな味がします。渋さがないので、サラダやマリネなどにオススメです。

biologicoils


biologicoilsの白ワインビネガーは、イタリアで育った有機ぶどうを100%使用し、収穫後は国際規格であるHACCP認証されたフィレンツェの工場で厳重に品質管理され、醸造しています。
有機JAS認証取得のオーガニック品質です。
醸造後は新鮮な状態のまますぐに充填しているため、開封したときの品質は高く、まろやかな風味がそのまま感じられます。
香料や酸化防止剤、保存料といった添加物は一切使用されていません。
サラダのドレッシングにしても、ピクルスにしても美味しく頂けます。

CRUDIGNO


イタリア産のオーガニック白ぶどうから醸造されたワインビネガーです。有機JAS認証取得。
低温でじっくりと熟成し、酢酸発酵されたワインビネガーは、ほどよい香りとフルーティーな酸っぱさのある爽やかな味が口に広がります。
香料、酸化防止剤、保存料がなどの添加物は一切使用せず、HACCP認証された工場で醸造してすぐに充填しているため、開封するまで酸化や品質の心配はありません。

アリサン


北イタリアで醸造された有機JAS取得のオーガニックの白ワインビネガーです。
静置醗酵法で作られたワインビネガーは、酸度が6.0%でピリッとした程よい酸味が特徴です。
ピクルスやマリネ、ドレッシングによく合います。

内堀醸造


内堀醸造は、お酢を専門とした歴史ある会社です。
原材料から完成するまで高品質を保ち、その品質の高さから海外でも人気が高いです。
取れたての新鮮なぶどうを使ったワインビネガーは、クセのないマイルドな味が特徴です。また、ぶどう本来のフルーティな香りがし、ドレッシングなどどんな料理にも合います。
国産で酸化防止剤不使用。だけど、リーズナブルなのが嬉しいですよね。

ミツカン


ミツカンの白ワインビネガーは、異なる2種類の白ワインを使って醸造しています。
1000ml、20Lと大容量で発売されています。たくさん入っているので、コスパ抜群なのが特徴です。
毎日ワインビネガーを使いたい方や、たくさん使いたいという方にピッタリのワインビネガーです。
酢の酸度は5.0%で、サッパリとしたフルーティーで爽やかな風味が感じられ、マリネやカルパッチョなど洋風料理に最適です。

MAILLE


フランスで約300年の歴史がある調味料ブランドであるMAILLE(マイユ)の白ワインビネガーは、厳選された上質のフランス産の白ワインのみを使用して作られています。
素材の味を大事にしており、酸度7.0%のさっぱりとした酸味とワインの風味豊かなさわやかな香りがします。
ドレッシングやマリネはもちろん、手作りマヨネーズや、肉や魚料理のソースのベースに使用するのがおすすめです。

ホリス・ワインビネガー


ホリス・ワインビネガーは、1935年に日本で初めて製造販売した歴史あるワインビネガーです。山梨県産の甲斐路や甲州といったぶどうの種類が用いられています。
5年以上熟成されたこだわりのワインビネガーで、保存料不使用です。
酸度は6.0%で、マリネ、ドレッシング、ピクルスなどに合います。
発売以来、ホテル・レストランで使用されている信頼のブランドです。

まとめ

様々なワインビネガーを紹介しましたが、いかがでしたか?
ワインという名前からアルコールを連想されるかと思いますが、酢酸発酵させてアルコールを酸化して酢にするため、アルコール分はほとんど残っていません。すなわち、ワインビネガーは「果実酢」という分類になります。
したがって、妊婦さんや子供でも摂取するのに問題はありません。
ただし、心配な方はお医者さんに確認することをおすすめします。

Share.

About Author

Comments are closed.