新潟の日本酒おすすめ7選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

新潟は国内を代表する日本酒の名産地、酒どころです。
新潟の日本酒の味の特徴を一言でいうと「淡麗で辛口」、スッキリと何杯でも飲めてしまうようなお酒が多いのですが、最近では芳醇でコクのあるタイプのものも増えてきています。
この記事では、90軒以上ある新潟の酒蔵から「お米へのこだわり」を基準におすすめをピックアップしてみました!
なるべく幅広いタイプの新潟酒をその酒蔵の特徴とともにご紹介します。

Amazonで買える新潟の日本酒おすすめ7選

越の誉 大吟醸 彩(原酒造)


「越の誉 大吟醸 彩」は、原酒造のオリジナル酒造米の「たかね錦」と名峰米山の伏流水で醸し、繊細で爽やか、大吟醸らしい香りを纏った高級感あふれる日本酒です。
「越の誉 大吟醸 彩」を造る原酒造は、1814年に創業し、200年を超える歴史を持つ酒蔵です。この創業200年記念につくられたのが「彩」シリーズです。
国内外のコンテストでも高い評価を得ている「越の誉 大吟醸 彩」は、新潟清酒を代表する一本と言えるでしょう。

豊醇無盡 たかちよ 扁平精米おりがらみ (高千代酒造)


「豊醇無盡(ほうじゅんむじん)扁平精米おりがらみ」は、辛口スッキリ系の多い新潟にあって、ほんのりと甘口のコクのある、でも後味はすっきりとした特徴のある日本酒です。
しっかりと冷やして、湯豆腐などに合わせて飲むと絶品です。
「豊醇無盡 扁平精米おりがらみ」を造る蔵元は、群馬県との県境にある巻機山のふもと、新潟県魚沼市にある高千代酒造です。創業は1868年で、約150年の歴史を誇り、伝統的ながら独自性のある酒造りを続けています。「一本〆」という酒造米を自ら栽培し(契約農家も含む)精米して使用しており、巻機山の良質な伏流水とともに真面目すぎるくらいこだわった酒造りをしている蔵元です。

根知男山 純米吟醸 (渡辺酒造店)


「根知男山 純米吟醸」は、自家製米の味わいをやわらかく、香りよく造りあげられています。ふくよかな口当たりは特徴的で、同じ新潟の酒とは一線を画しています。
「根知男山 純米吟醸」を造るのは、新潟県糸魚川市根知谷で米作りから一貫生産をおこなう渡辺酒造店です。「酒造りに大切なのは米、水、仕込み」という考えから、自社での酒造米栽培を行っています。近隣の山からの伏流水を蔵の敷地内から汲み上げることができるという好立地にあって、理想の酒造りに邁進しています。

亀口直採り 純米吟醸 無濾過生原酒 (DHC酒造)


「亀口直採り 純米吟醸 無濾過生原酒」は、爽やかな飲み口が特徴のお酒です。酒の搾り口から出たての原酒を一本一本手作業で瓶詰めしていることから、活きた酵母の炭酸が含まれており、のど越しがすっきりと仕上がっています。
「亀口直採り 純米吟醸 無濾過生原酒」を造るDHC酒造はその名の通り、化粧品や健康食品で知られるDHCの事業会社。ですが前身は1908年に創業された小黒酒造で、110年もの歴史を誇る酒蔵です。小黒酒造時代から食の安全には力を入れており、平成14年には「有機JAS認定工場」に登録されています。

極上 吉乃川 特別純米


「極上 吉乃川 特別純米」は、長岡近郊の契約農家が栽培した酒造好適米である五百万石を使い、純米酒の持ち味を活かしたふくらみのある飲み口を実現したお酒です。
「極上 吉乃川 特別純米」を造るのは、創業1548年、470年もの歴史をもつ老舗の酒蔵吉乃川です。吉乃川は、新潟県の長岡にその蔵を構え、中心を流れる信濃川の伏流水の恵みと、米どころ越後の酒造米を原料に、「酒本来の旨みを持ちながらキレがある淡麗な酒造り」を続けています。

極上吉野川
¥2,376 (2019/12/10 00:43:43時点 Amazon調べ-詳細)

契約栽培純米吟醸 白龍 (白龍酒造)


「契約栽培純米吟醸 白龍」は、米どころである地元阿賀野市JAの契約農家が栽培した酒造好適米の五百万石を、じっくり丁寧に醸しあげた純米吟醸酒です。
生産者の顔が見える地元の酒造米を使い、阿賀の伏流水での洗米から麹作りまでほとんどの工程を手作業でおこなっています。米のよさ、水のよさ、そして造りのよさが見事に結集して、淡麗でやや辛口のバランスのよい飲みやすい味に仕上がっています。

お福正宗 山古志 純米吟醸 (お福酒造)


「お福正宗 山古志 純米吟醸 」は、越後の自然豊かな棚田で知られる新潟県長岡市の山古志で、契約栽培された酒造好適米である五百万石を使った純米吟醸酒です。長岡東山山系の横井戸から湧きでる清水で醸したその酒は、よい米と水、伝統の技術の結晶といえるものです。
蔵元であるお福酒造の創業者である岸五郎は、明治時代の半ばに酒造りの専門書を発刊し、酒造技術の発展に大きく寄与した人物として知られます。このお酒にはそんな創業者の魂が込められ、生き生きとしたキレのよい飲み口のお酒になっています。

まとめ

新潟のおすすめの日本酒をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
淡麗辛口なことで人気のある新潟の日本酒ですが、様々な蔵元でこだわり抜かれて作られたものはどれも絶品です。
ぜひ飲み比べてみてくださいね!

Share.

About Author

Comments are closed.