ローフードのレシピ本おすすめ6選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ローフードをご存知ですか?
ローフードとは、野菜や果物などの食材を生のまま、もしくは46度以下で調理して摂取することです。
生で食べることによって、食材の栄養素や酵素を効率よく摂取し、海外ではモデルやセレブが取り入れている食事法です。
ローフード生活をするとサラダばかりになりがちなのですが、レパートリーを増やすのに、レシピ本がおすすめです。
今回はローフードのレシピ本のおすすめをご紹介します!

ローフードのレシピ本おすすめ6選

まるごとそのまま野菜を食べようRAW FOOD RECIPE


北海道初のローフードカフェLOHASのオーナーでローフードシェフの土門大幸さんによるローフードのレシピ本です。
簡単な行程で、あっという間にできるローフードのレシピを146種類紹介しています。
簡単かつ種類豊富なので、毎日続けられると好評です。

食べればキレイ! 初めての簡単ローフードレシピ


先に紹介した「まるごとそのまま野菜を食べようRAW FOOD RECIPE」と同じ土門大幸さんによるローフードのレシピ本です。
アメリカのセレブがこぞって実践する食べてキレイになる究極の美容レシピを100種類掲載しています。
オールカラーで見やすく、ローフード初心者にもわかりやすいのでおすすめです。

Sayuri’s Raw Food Cafe


バリ島ウブドで大人気のローフード&ヴィーガン・トップシェフである田中さゆりさんによるローフードのレシピ本です。
田中さゆりさんが世界を旅してインスピレーションを受けたローフードレシピが120種類以上紹介されています。
全てヴィーガン・グルテンフリー・ローフード・スーパー フードのレシピで、白砂糖不使用、低GI、乳製品不使用、卵不使用です。
ローフード初心者から上級者まで満足できる内容です。
現在、vol.1と2の2冊が販売されています。

ローフード BASICS


世界的にも知名度の高いローフードのインストラクターであるジェニファー・コーンブリートさんによる、米国で最も売れているローフードレシピ本である「Raw Food Made Easy for 1 or 2 people」の翻訳本です。
ローフードの基本が身につく王道のレシピを126種類掲載しています。
ロースイーツのレシピも紹介されているので、ローフード生活にハマる一冊です。

¥1,836 (2019/09/16 11:25:25時点 Amazon調べ-詳細)

とっておきのローフードレシピ88


ローフードCAFE&BAR「レインボー・ローフード」の店主である加藤馨一さんによるローフードレシピ本です。
ローフードを気軽に楽しめるように、身近な食材を使った、家庭でできる難しいこと抜きのお手軽レシピを多数掲載しています。
ご飯にもあうおかずのレシピもあるので、ローフードを少しずつ取り入れるということもできておすすめです。

発酵リビングフード


日本における「リビングフード」の第一人者である睦美さんによるレシピ本です。
日本に昔から伝わる発酵食品とローフードを掛け合わせた「発酵リビングフード」のレシピを紹介しています。
酵素ジュースや発酵食品をプラスすることでローフードだけでは実現できない味わいが可能になり、男性や育ち盛りの子供たちも美味しいと喜んでくれるレシピになっています。
メインだけでなく、スープや前菜、デザートまで67レシピ掲載されています。

まとめ

いかがでしたか?
ローフードのスイーツ、ロースイーツのレシピ本のおすすめも別記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

Share.

About Author

Comments are closed.